記事一覧

今日も旅立ち前の用事を

○2018/03/23(金) [晴れ→曇り/雨]
今日もバタバタしました。
そういえば、火曜日は中学校卒業式、昨日は小学校終業式、今日は小学校卒業式。
賑やかでした。
けどしばらく見ないだろうなー。

・眼科
行く前に診察券を確認してたら、緊急事態発覚!!
なんと、午後お休み!!
マジか(笑)
というわけで、急遽明日に予約を入れました。
これで大丈夫かな。

・昼ご飯
母がお腹いっぱいらしいので、ドトールでした。
ボクもサンドイッチだけで終了。
珍しい…。

・市役所
転出届を出しました!
案外チャンチャンで済みそうです。
へー。マイナンバーカードって便利。
ボクはすんなりいったけど、ボクの後ろ、2人ぐらい時間かかりそうな人が…。
ちょっと聞こえてきただけでも不穏な香りしかしないんだけど、あれどうなったんだろう。
そして市役所の人すげー大変そう。

・支払い
年金と健康保険を払いました。
そういえば資産の整理しとかねば。
あ、今日は給料日でしたね。
こちら、2か月連続で収入ゼロです。
あ、先月は退職金があったか。
ちょびっとだけど(笑)

・都庁付近
なぜかここへ。
ホント思いつき。新宿を歩いてたらそのまま来てしまいました。
天使の3P!のアニメ10話で、新宿中央公園のあれが出たなーと。
イベントのセッティングしてたから、あまり見られなかったけど…
やっぱココなのかなー。うん。
BD見ないと。

さらに思い出しました。
君の名は。に出てきた交差点!!
行ってみようじゃないか!!
うろ覚えだったので、とりあえずここかなって

・アニメイト秋葉原
しばらく行けなくなるので行ってきました。
去年7月から急に通うようになったなぁー。
BDはここで入手してました。お世話になりました。

そういえば、秋葉原界隈では、冴えない彼女の~で盛り上がってました。
原画展?とか、アトレでのコラボとか。
ボクは知らないけど、絵はかわいいし、母が面白いって言ってました(え)

・千代田線→小田急
先に書いちゃうけど、今回のダイヤ、けっこうしくってるような。。
一見すると千代田線大躍進なんだけど、
使ってみると、あ、あれ…?って思ってしまいました。。

霞ヶ関から乗ってみたのですが、すでに混んでる…。
大手町から混むのかな。
JR車が急行伊勢原行きだなんて、色んな意味でカオス!
が、これが意外と…。
代々木上原で快速急行唐木田行きを先に出し、
向ヶ丘遊園で快速急行藤沢行きを先に通すという。
代々木上原~新百合ヶ丘での急行と快速急行の違いは2駅。経堂通過の時間だし。
なのにこの扱いはけっこう悲しい、けど海老名方面はこれが最速なのかなと。。

それと、多摩線に行く人はけっこう涙目だなーと。
これまで直通だったけど、代々木上原で乗り換えとかって。
早く帰ろうとすると絶対に座れないし、
新百合ヶ丘まで座ると快速急行に2本抜かれてむなしいし。

祖師ヶ谷大蔵とか千歳船橋とかだとけっこういい気がする。
準急が停車するようになったし、乗り換えいらないし、ちょっぴり早いし。
昼間のダイヤを見ても、あの辺がすごく優遇されてる気がします(笑)

・天使の3P!原作10巻&11巻
昨日10巻、今日11巻を入手しました♪
11巻、新宿でも秋葉原でも見かけなかったので、
地元のアニメイトで捕獲しました。

先に11巻のあとがきを(なんとなく読みたくて)読んだのですが、
まさかのことが書かれていました。。
え、いったんラスト…?
最終巻ではないって書かれてるけど、え?え?
潤たん(というか大野さん)が、まだまだ続くって言ってなかったっけ?
あのライブが11巻発売直前だったからノーカウント?
あまりに喪失感がすごかったです。。

その影響もあり、10巻、11巻をただひたすらに読みました。
けっこう勉強にもなるんですよね。
ジャムセッションとか、へー、へー、って感じ。
アニメで見たいなぁー。
けっこう難しいと思うけど、見て理解したい。
というか、ここまででアニメ2期3期が降臨してほしい。

ツイートしまくってみたけど、いやー、何て言えばいいんだろう。
難しい。
でもなんだろうな、サグ先生の気持ちはわかる。
好きだからこそ、好きなことが続くといいなって思ってます。
だって、なんかこう、まだスッキリしないところが多いし。
個人的に、ひびきPの進路が気になっとります…。
どうするんだろう高校卒業後。
その辺けっこう考えさせられたけど、その後どうしたのか見てみたい。
高校生であれだけできたらすげえわ。。

個人的には、天使たちに助けを求める、それこそ以前の島起こしみたいな展開が1つあり、
それをキッカケにやっぱり色んなトコでやってみたいと思うようになり、とか、
そんな感じでまた動き出してほしいなって思いました。
今の雰囲気でいいんだと思う。
そこまでの悲劇はなくてもいい。
というか、話を作って変に巻き込もうとするって発想が、仕事としてクリエイターやってるからだと思うけど、
平和に過ごしていても、そのうち何かに引っかかって乗り越える展開はあるはず。
自分で作ろうとしなくても、どこかで勝手に何かが起きて、それをハッピーエンドに持って行ってる。
まるで夢の中で起きてることを、そのまま書けばいいと思うのです。
素人だから言えるんだろうけど…
仕事として彼女たちを動かすんじゃなく、
動いてくれてる彼女たちを仕事にできるといいんじゃないかな、と。
次巻が降臨することを願ってます。



記事ID:[7-1456]
(最終更新日:2018/03/25)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント