記事一覧

吹雪にも負けず…!

〇2018/03/02(金) [雪(北海道)]
えっと、ヤバいです。
風が強いです。
雪も降ってます。
つまり吹雪です。
当初行こうとしてたところは全滅。
しかも昨日行けなかったところも行ったところも全滅。
なんやこれ。

まずは地下鉄に乗車。
東豊線で栄町に行きました!
これで3線全部乗ったことになります(笑)
東豊線は3つの中で1番新しいうえ、最近車両も世代交代したばかりなので、
どれを取ってもすごく快適でした♪
栄町でご飯を食べるとこ探そうと思ったのですが、
なんと吹雪!!
これは無理なので、すぐ地下へ待避。
あれだな。
吹雪って後頭部に当たると痛いんだな。。
いい経験にはなりました…。

札幌(さっぽろ)に戻って改めて探しましたが、すぐミスドを発見!
いつもな感じだけど(笑)これで朝御飯。
JRの駅へ移動!
なんかダイヤがガタガタみたい。
苗穂で点検とかあったらしいし。
が、とりあえず小樽には行こう…!!

来た電車に乗ったのですが、途中の手稲止まり。
ひたすら移動したいのでとりあえず手稲まで行ってみたけど、
何これすんげー寒い!!
スマホによれば、気温1℃、体感温度-10℃(゜∀。)
超寒い(゜∀。)
どんな寒さまで経験したことあるか忘れたけど、
この体感気温は過去最強ですわ。。
雪に強風は鬼に金棒って感じでヤバい。

小樽行きが着たので小樽へ移動。
妙に混んでて座れず。
荒れた海を見ながら移動しました。
こんなところ通るんだ…。
しかも駅間長い。(銭函(ぜにばこ)~朝里(あさり))

小樽から長万部は動いてそう!!
というわけで続行。
ディーゼルカー2両。
ガンバってるなー、と思ってたら!!
足りない!!
どんどん人が乗ってくる!!
みんな荷物デカすぎ!!
デカいの3つとかやめい!!!
いっそのこと人とみなしてお金取ればいいのでは。。(・・;)
厳しいんだし、荷物より人を乗せた方がもうかるし。
ちなみに乗ってきた客の大半は、
倶知安(くっちゃん)で降りていきました。
あとニセコ。
スキーやスノボっぽい。
ちなみに倶知安行きでしたが倶知安からの列車も2両でした。

んで長万部(おしゃまんべ)に到着。
函館方面の列車が午後運転再開予定、でも遅れているアナウンスで、
動きそうで動かない状況。
このため待合室はごった返してました。
危ないと思ってたら、森~長万部が終日運休に。
どうやら八雲付近が大雪だったらしく、除雪しきれないとか。
窓口に人が殺到しました。ひい。
タクシーに乗ったり、そのまま代行バスを待ったり…。

ボクは東室蘭方面待ち。
ただ、そっちも怪しくなってました。
運行状況を見ると、長万部に向かう列車が洞爺で足止めされている様子。
となると、長万部~洞爺もアウトか。
というわけで、来た道を戻ることにしました。
函館本線。
倶知安から乗った車両でした(笑)
景色は直前に見てたし、止まるリスクは比較的低かったので、
特にハラハラドキドキせず。
蕨岱(わらびたい)という廃駅を、
駅メモ!の地図を見ながらガンバって探しましたが(笑)
ホームは残ってるんですねぇー。
あ、混雑してたのは行きの小樽→倶知安だけで、
戻るときは混んでたものの全員座れるレベルでした。
ちなみに、東室蘭方面を待たずこっちで帰って正解でした。
読み通り、長万部~洞爺も終日アウトになってまった…。

そういえば、長万部も倶知安も、新幹線札幌延伸時に駅ができる予定。
工事している気配なかったけど、大きく生まれ変わるんだろうなーと思います。
両方ともボロボロでした。。(・・;)

帰りは札幌まで行かず、発寒(はっさむ)で下車。
知ってたけど読みがカッコいい(笑)
近くのイオンに行き、晩御飯を探し歩きました。
そしたらケンタッキーが!
おおー、久しぶりに普通のご飯…!
そうそう、お昼は食べられず。
というか長万部で非常食を食べるハメになってました。

イオンから、地下鉄の宮の沢まで歩き、東西線で大通りへ、
さらに東豊線の福住へ。
これで昨日・一昨日と合わせて、地下鉄3路線完全走破!!
お疲れさまーん。

戻ってから、明日の予定を立てる。
今日、こんな感じだったんですよ。

当初:滝川→東鹿越→富良野→旭川→留萌
昨夜変更:小樽→倶知安→長万部→東室蘭→室蘭→特急で札幌へ
実際:小樽→倶知安→長万部→倶知安→小樽

明日、倶知安経由で帰ろうとしてたところを今日に持ってきたのです。
んで、明日の余裕を作ってたのです。

当初:倶知安経由で本州へ
昨夜変更:特急で新夕張→夕張→本州へ

ところが、新夕張~夕張が明日も終日運休することが発表されました!!
残念。これが第2の目的だったのに。。
とりあえずこうしました。

今夜変更:特急で旭川往復→本州へ

いい時間なら、室蘭や函館に足を伸ばしてみたいけど、どうなりますやら。



記事ID:[7-1416]
(最終更新日:2018/03/06)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント